歯科衛生士を目指す方必見!求人倍率・仕事内容・国家試験内容などの基礎知識を解説!

歯科衛生士は女性の憧れの国家資格の一つです。
歯科医師の行う診療の補助をするイメージが強いですが、そのほかにも歯科保健指導や歯科予防処置なども業務範囲に含まれます。
特に最近では予防処置の重要性が注目されていて、悪くなってからの治療ではなく、未病のうちに改善すると言う考え方が主流となっています。
つまり時代が求めている職業と言えます。
国家資格のため一度取得してしまえば、全国どこでも一生使うことができます。

歯科衛生士を目指す方必見!求人倍率・仕事内容・国家試験内容などの基礎知識を解説!

歯科衛生士になるためには、高等学校を卒業後に専門学校や短期大学、大学などの養成機関で知識や技術を習得しなければいけません。
養成機関を卒業すると国家試験の受験資格が得られるので、その試験にパスする必要もあります。
試験は毎年3月に実施されて、合格率は95%とかなりの高い割合です。
歯科衛生士の基礎知識として知っておくべきことは、求人倍率が21倍もあると言うことです。
つまり全国どこにいても就職先が見つけやすいと言うことです。

歯科衛生士になるには?その道のりを押さえておこう!

国家資格である歯科衛生士になるには、国家試験に合格する必要がありますが、この国家試験は無条件で受けられるわけではありません。
高等学校を卒業して、専門学校・短期大学・大学といった歯科衛生士養成機関に3年以上通い、求められる知識やスキルを習得した上で卒業することで受験資格を得ることができます。
以前は、2年以上の学習で受験資格を得ることができましたが、現在は3年制以上の養成学校で学ばなければ国家資格を受けることはできません。
また、歯科衛生士の国家試験は毎年3月初旬の日曜日に実施され、同月下旬に合格発表が行われますが、その合格率は毎年90%以上となっています。
2021年に行われた試験の合格率は93.1%となっているため、養成学校でしっかりと学んだ上で試験対策を怠らなければ高い確率で合格できますが、仮に不合格になっても受験資格を得ていれば何回でも受験可能です。
以上が歯科衛生士になるための道のりとなりますが、この国家資格は1度取得すれば更新の必要はなく、一生涯にわたって有効です。

歯科衛生士養成機関での勉強内容は?

歯科衛生士は歯科医師と同じく専門的な知識や技術を養成機関で勉強して、国家試験に合格することで働くことが出来ます。
歯科衛生士を目指すには、どのような学校に行けば良いのか勉強内容について説明します。
まずは必要な知識や技術を得る為に、全国にある国が定めた養成機関で勉強をする必要があります。
専門学校や短期大学や大学に通って、国家資格の受験資格を得るのが資格取得についての流れです。
学校によって勉強内容は変わりがありますがまず必要なのが、人体の基本的な構造や機能そして歯科治療には欠かせない歯や口腔内の構造と機能といった勉強がスタート地点となります。
その後解剖学的な授業や臨床学などの専門的な授業内容で、知識や技術力を高めていきます。
歯科衛生士は口内トラブルの予防や指導なども大きな役割となるので、診療に必要な授業も行っていきます。
実習などで1人1人違う口内環境に対して、適切な治療補助が出来るような人材を育成する為のカリキュラムが組まれています。

歯科衛生士の求人倍率はどれくらい?

歯科衛生士は、総合病院・保健所・介護施設など職場でも活躍できますが、多くの方は歯科医院で働いています。
歯科医院は全国に約68,000軒以上あると言われており、これはコンビニの数を上回りますが、歯科衛生士は歯科医院に欠かせない存在です。
そのため、その求人倍率は非常に高い水準となっており、日本歯科衛生士会の発表によると2018年度の求人倍率は21.0倍でした。
つまり、求職者1人に対して21件の募集があるということです。
このように、歯科衛生士は引く手あまたの職業となっているので、経歴や態度に問題があったり、条件が非常に良い人気の職場であったりしない限りは、就職先や転職先に困ることはないでしょう。
一方で、就職や転職をする際の選択肢が多すぎるために、どこに就職・転職すべきか迷いやすいという側面もあります。
したがって、就職や転職の活動を始める際は、まず自分がどのような環境でどのような仕事をしたいのかを明確にしておくことが大切です。

歯科衛生士の仕事内容を押さえておこう!

これから歯科衛生士になろうと考えている方は少なくないはずです。
安定した仕事だと評価されていて、女性に人気が高い仕事なので賢明な選択です。
歯科衛生士を目指しているのであれば、仕事内容をしっかり把握することから始めるべきです。
学び始めてから、イメージと違っていたと後悔することのないようにしてください。
仕事内容は大きく分けて3つあります。
1つ目は歯科予防処置で、虫歯や歯周病予防のためにフッ化物塗布などの薬物の塗布、プラークや歯石を取り除く機械的歯面清掃を行います。
2つ目は歯科診療の補助です。
歯科医師の指示を受けて歯科治療の一部を担当します。
3つ目は歯の健康を維持するためのアドバイスを行う歯科保健指導です。
生活習慣の見直しや正しい歯のケア方法を指導します。
歯科衛生士は歯科医師よりも患者と接する機会が多いので、コミュニケーションスキルもかなり求められます。
スキルが高くても、コミュニケーションが上手く取れないと治療が進みません。

歯科衛生士に関する情報サイト
人気の職業 歯科衛生士

歯科衛生士は女性の憧れの国家資格の一つです。歯科医師の行う診療の補助をするイメージが強いですが、そのほかにも歯科保健指導や歯科予防処置なども業務範囲に含まれます。特に最近では予防処置の重要性が注目されていて、悪くなってからの治療ではなく、未病のうちに改善すると言う考え方が主流となっています。つまり時代が求めている職業と言えます。国家資格のため一度取得してしまえば、全国どこでも一生使うことができます。

Search